自分なりのヤバヒTシャツ屋さんをやってみよう⑦ ~超大作~

自分なりのヤバヒTシャツ屋さんをやってみよう⑦ ~超大作~

とうとう7回目となりました\(^o^)/

カテゴリー: Tシャツ -おきなわとっぷぶろぐ

売るつもりなかったんですけど、売りたくなってきたので、
売るかもしれません。売る方向で。

あなたも、買う方向でごらんください(^-^)

Tシャツを買って人生が変わる人はあまりいません。

でも、誰の人生も変えられないのに、

自分は変わろうとしている人がココにいる。

応援よろしくね。

(↑「人生」×「Tシャツ」のコラボレーションをお楽しみください。)

では、さっそく。

今回は悩みに悩みぬいた末に、なんとなく自信が付いちゃったので、

大げさに説明します!

…「次のTシャツ、Tシャツ…」って作って売るかもわからないTシャツのことを考えていると結構気が滅入るのですよね。プロ・デザイナーでもないしそんなに毎日デザインについて考えていない。

ついでに絵が描けないと自負している私は、イラレ(アドビという会社のデザインソフトのやーつ)のかろうじて使える機能のみをどうにか活かさないといけない。

絵が描ける人より分が悪いってことですね。

だから、なんかシャレオツなこと考えている感を無理くり考え出すわけです。

あとはどうブランド価値を与えるか。

でも、Tシャツってきっと難しいよね。

このようにわりと誰でもデザインできて、「BASE」で簡単にショップ作れて、無在庫(受注)販売できて、広告して売って…と簡単だし、
マネも簡単だし、いざ作るとかなりの確率で既存のものに似るわけです。

ただ、そんなこと言ってたら「NIKE」さんや「Supreme」さんに肩を並べられないわけです。

って、デザインの説明しようとしたら脱線してしまうくらいにはTシャツのことで頭がいっぱいになる瞬間があるわけです。

今の私を脳内メーカーで診断したら、「T」だらけになっているはずです。

脳内メーカー – うそこメーカー

(一応、念のため調べてみました)

遊びと欲望と Tシャツのことが頭から離れない私は、
「まんまTシャツをデザインしてまえ!」となりました。

でも、Tシャツの形そのままをプリントしたとて誰も買いやしないだろうという、
ごく普通の感覚も持ち合わせていたため、少しデザインしたっぽくしてみました。

では、もう一度見てみましょう。

特筆すべき部分には印を付けておきましたよ(^-^)

Tシャツを描きたかったんです!!

想いがそのまま具現化しました。

腕が生えて、筆と同化して、書いちゃってます。

どこから書き始めたかを分かりやすくするために、最後に矢印っぽくしました。

なんとなく一筆書き感が出ていると感じていただけたら幸いです。

腕の部分は若干ホンモノっぽくなるように曲線で表現しています。

相対的にシャツの型はなるべく直線でシンプルにすることでメリハリを付けました。

彼(腕)に筆を持たせようか鉛筆を持たせようか迷ったのですが、
筆のほうが毛先に丸みを帯びていて、
指と誤認する可能性が無きにしも非ずな気がしたので、
泣く泣く筆にしました。
(バージョン違いで鉛筆も作ればいいと思います)

腕と筆を繋いでる個所は包帯でグルグル巻きにしているイメージです。
なんだか雑に作っているように思われるかもしれませんが、
そもそも「筆を握る手」を上手に描く自信がないから改造人間っぽくしてしまえという裏の事情があります。

ダメ押し気味に、腕に「T-shirts」とタトゥーを彫りました。
実際にデザインをTシャツの表面に貼り付ける時のことを想定した時に閃いた案です。
そちらをお見せしてから説明するとします。

今回は裏の貼り付け位置・サイズから先に決まった感じです。

狙いが分かりやすいように、細かい部分が潰れないように、大きくしました。

表っていつも悩むんですけど、
裏で大胆にデザインをあしらっていることもあり、
表は控えめに、余計な情報を加えないように(?)、
左胸上あたりにチョコンとしているのがシンプルで好む方が多いんじゃないかと思い、
一旦、そのまま縮小しただけのデザインを貼り付けてみたところ、

まあまあ左胸の部分がうるさい。

そのままじゃ使えそうになかったので、
思い切って、
あれほど描きたかったTシャツ部を省き、

腕(+筆)部だけにしてみたら、

遠目からなら「N●KE」さんっぽく見えなくもない。

でも違うブランドなので、文字(ブランド名)も入れておこう。

で、これ。

もう真剣に考えるだけのMPが私には残っていない。

ブランド名は「T-shirts」だ。

読みも凝らない。「てぃーしゃつ」だ。

巷で「あの人が着ているT-シャツカッコいい」なんて声が聞こえてこようもんなら、
コレのこと言ってるんだろうなと脳内変換できる。

折角だし腕にタトゥーみたいにくっ付けてしまえ。

デザイン終了。


さて、これだけしっかり作り込んだんだから最後に手を抜いてはいけない。

ブランドをブランドたらしめる説明。

あとはインフルエンサーが自宅でインスタ生配信する時に、
部屋着として着てもらうよう送り付けるだけだ。
着るのはいいけど、下手に触れてもらっても困る。
「既にどこかの国で有名で説明する必要もない」感が大事だ。

では、有名な友達がいない私は募集をかけるとする。

「着たい人ー、いますかー、インスタで1万人以上フォロワーがいる方~、おーい」

「5000でもいいぞ~、お~い」

まずはこちらを知ってもらうことからだな💡

ほら、ヤホーで「Tシャツ」と「おきなわとっぷぶろぐ」(弊サイト)で検索かけると結果のトップに?!
(お時間ある方は試してみてね)

ダメ?!

クリック!

↑これはどう?!

「PUSH」って書いてあるよ?!

推してみて!

Twitterでの情報拡散がしやすいようにしといたよ!

裏垢でいいよ!?
(フォロワー数が多いほうがそりゃいいよ(^-^)

クリック!

一応Facebook用も作っといたからね!
押してみて!

『超ハイクオリティのデザイナーの最新作!買うっきゃない!!』なんて書いてシェアしてくれると嬉しいな(^-^)

(まだ販売してないから気を付けてね(2021.4.24現在)

急だけどTwitter利用者に向けてキャンペーン概要を載せておくね♪

  • 1万人以上フォロワーがいる方、Tシャツを作成した際には無料で贈呈いたします!(諸条件あり〼)
  • だから友達(フォロワー)になっといてね!
  • 友達になる方法は当記事の水色PUSHボタンを押せば分かるはず!
  • DMじゃなくてどのツイートでもいいのでリプライで話しかけてね!
  • キャンペーンの終了時期は未定ですが、予告なく終了する場合がございます。ご了承ください。
  • 私のレスポンスが遅かったり返ってこない時もあるかと思いますが、めげずに何度もトライしてね!
  • 内容が曖昧なキャンペーンなんでガンガン質問してね!

トレンドをゼロから生み出すのはあなたと私だ!

主にあなたの力が必要だ!

m(__)m

(2021.4.24 記)

P.S.
加筆修正が加えられるかもしれません。
サイトトップをお気に入り登録するなどして、今後もお楽しみいただけたらば幸いです(^-^)

追記

  • 上記の諸条件は、贈呈後に「本当に届いた!」とか呟いてもらうやつです!
  • 内容を少し具体的にしました!
  • 水色PUSHボタンからのツイートに付く「#ヤバ丁」の数を手動計算します!
  • 1000を超えた頃にTシャツ作成します!
  • ツイートしてくれた1000名の中から5名、ランダムにペイペイで1万円\(^o^)/
  • (200名ごとに1名、200名を超えないとペイできません(´;ω;`)ウゥゥ)
  • って具合にいこう!

(イメージです。あげるのはペイペイの予定です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です