「広告は嫌うな!」はもう1度言っておこう(^-^)

「広告は嫌うな!」はもう1度言っておこう(^-^)

こんにちは(夜書いてます)。

まずは、私のブログを読んでくれる数少ない知人からよく言われる感想、
「読みにくい」に対しての、全力の言い訳を書いたこの記事をどうぞ。↓↓

↑これを読んでいたら、この後を読み進める心構えが自然と出来るかもしれません。

…なんかすみません。

そして、2日ほど前に書いた記事が好評だと信じ込んでいるのですが、
その中から、特にクローズアップして伝えたいことをクローズアップしちゃう感じの内容を書き進めたいと思いますので、お時間がある方はお付き合いくださいませm(__)m

広告は嫌うな!

↑コロナ禍の影響で、副収入を求めてブログを始める人は多いと思い、
今から始める人にどのような心構えで臨めばいいかということを書いてみました。

ちなみに、1回目の緊急事態宣言後あたりが最もブロガーが増加した時期でしょうし、
私に至ってはつい最近なのでだいぶのんびりしてる方だと思います。
そんな私が書き連ねることに参考になる点があるかどうかと疑問視されるのは分かりますが、
強気なフリは大事だと思っておりますゆえに、
どうか続けさせていただけませんでしょうかm(__)m

ではいきます。

録画したテレビ番組のCMをスキップする人には、
「見たら買いたくなっちゃうから見ないでおこう」という感覚の方もいるかもしれません。

実際、昔と比べるとだいぶ買いやすくなっています。
CMを見て気になったら手元のスマホで商品名をググれば、
直販サイトやECサイト(Amazonとか?)にアクセスできます。
テレビからすぐ注文も出来るんですっけ?!

ただ、予想でしかないですが、
「見たら買いたくなっちゃうから見ないでおこう」というくらいは慎重なあなたは、
多分元からターゲットにされていない可能性があります。
見ても響かない。

市販の録画機器はほぼ全部早送り機能が付いているし、
中には録画の時点でカットできる機能が付いているものもあったはずです。

TVコマーシャルを流す企業だって、スキップする視聴者が多いことは見越した上で、
リアルタイムで見る層と、スキップすら面倒な層、CM大好き層などに向けてアプローチしている。

電通さん・博報堂さんなどCM制作会社はデータ取りも凄いと聞いておりますからね。
興味を持ってくれる人に特化したCM作りなんてお手の物だと思いますので。

見たい・見たくないに関係なく、自分は相手にされていないと思い込むことで、
購買意欲を減らせる。

興味を持ったほうが視聴中ずっと楽しい

言う必要でもないことなのですが、CMを邪魔者扱いしていたら、
定期的にやってくると分かっている邪魔者にイライラしてしまうわけです。

でも、みんなCMがあって番組を制作する活動費が捻出できていることを知ってはいるわけです。

CMだって効果がなければ取り下げられるし、スポンサー(CM)が離れていくような番組は自然に消えていくわけです。
(NHKや、元からCMがない番組については除外します)

意地でもCMは見ないとして、見ないアピールがSNSなどに積もり積もって人気がない番組にトドメが刺されると考えると、臆病者の私なんかはまあまあ怖い。

もちろん、それぞれに自分の意志を主張する権利はあるので止められはしないのですが、
見ない意志は反映されなくても構わない。

そこで、邪魔者の面白さを探してみるわけです。

「いや、どんな商品売ってるかわからんわ!」とか「15秒の間に言いたいこと詰め込みまくりやな!」とか突っ込んで(心の中で)、今までつまらないと感じていたCMを、せめて自分が見ている時だけは無理やりにでも面白くしてしまうわけです。

そして、ツッコミを貰うことはCMにとって損は生まないはずです。
見てる証拠になるし、突っ込む行為ついでにCMの内容を覚えやすくなる。
漫才師が漫才の掴みで言う、「名前だけでも覚えて帰ってね」の世界だと思うんで、それくらいでいい。

歌詞に「宜しければ名前だけでも覚えてってください」とある曲。

CMは短い芸術作品。

これも言わずもがなではあるのですが、
最近は感動するほど高いクオリティだと感じる広告は多いですよね。

商品の説明だけだと見てもらえなくなった結果生み出されたものとは思いますが、
どうにか見せようとしているのはヒシヒシと伝わってくる。
というか見ちゃう。
たまに、CMに入ってることに気付かないことある。

ここで、短いほうが1秒当たりの時間にかけられるお金が高いと考えれば、
自然と、番組よりCMのほうが高品質だと思い込める。

短いとミスも出にくいですしね。

(…CMは面白いと思ったほうが、テレビの前にいる時間全てを楽しめる可能性が高まると伝えたいだけで、
番組はダメという意図はないですので、ご承知おきください。)

番組本編が頭をフル回転させて集中する時間なら、CMは休憩がてら1~2分ボーっと芸術作品を眺める時間って感じでいいんじゃないでしょうか。
美術館に行くのと違って、歯磨きしがてら見れるなんてお得。

おわりに

都会の街並みを眺めていると、周辺に住んでいる人は、ありとあらゆる広告に慣れているんだろうなあと感じます。
まだまだ来たことない人の一部には、沖縄の那覇だって「県庁所在地とはいえ田舎でしょ」というイメージかもしれません。

国際通りなどの繁華街は看板だらけです。
多過ぎると一つひとつを認識できなくなる現象はあるかもしれませんね。
逆に1つも気にならなくなる。

有名な作家さんが国際通りを絵に描いたとしたら、それも芸術作品として多くの人に見られることになるのかな。
人間って不思議(^-^)

P.S.

最後に改めて言うのもなんですが、
ブログアフィリエイトを始めるなら、広告嫌いだと辛いはず!って話なので。
ブログもテレビもラジオもYouTubeもポストに投函されているチラシも見ないって人にはあんまり関係のない話かも。。

ご覧いただきありがとうございました。

1件のコメント

  1. ピンバック: 初心者ブロガーに普通に役立ちそうなブラウザ『Brave』について、あと、裏技的なものも。 | おきなわとっぷぶろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です