【5.28微更新】『Twitter Blue』という名付けられた定額制サービスについて、利用する可能性がある者としての感想

【5.28微更新】『Twitter Blue』という名付けられた定額制サービスについて、利用する可能性がある者としての感想

「即出し」というか、あまり言うこともなくすみません 笑
特に後から加筆することもなさそうです 笑

思ったことをなるべく素直に書き残します!

↑こうやって発言元を貼り付けると、さも私が発見したかのような誤解を生みかねるので、念のため明記しておきます↓

Twitterの定額制サービスは「Twitter Blue」で月額2.99ドル、とマンチュン氏 -IT media NEWS

…私はJane Manchun Wong氏がどなたかもはっきり分からないまま書き進めておりますが、
「Twitterの未発表新機能ハンターとして知られる」と記事内にはありますので、

内部の情報を提供してもらえる立場にある人と予想。

Twitterの公式アカウントから否定や訂正のアナウンスがないということは、
情報として確かなものと把握して続けます。
(まあ分かりませんけどもね)

ネーミングからは、どうしても「色」が気になってしまいますよね(^-^)

代表的なSNS&Webサービスのブランドカラーコード29選 -ferret マーケターのよりどころ

Twitterアイコンの色はカラーコード的には

#1DA1F2

らしい。

完全にコーポレートカラーだと思っているので、『Twitter Blue』って聞くと

#1DA1F2

↑この色でしょ?!ってなる。

Twitter社にもこの色の所有権はきっとないでしょうけど、
この色を使うと自然とパクリっぽくなる。

(↑私の現Twitterアイコン)

…まあ、パクリというよりかは使わせていただいているのですが(;’∀’)

Twitterを使っている人の印象に残りやすい色だと思いまして。

定額制サービスの名称が『Twitter Blue』なら、
「#1DA1F2」なんて覚えるの大変なので、それの呼び名を別で定めないといけなかったり??

杞憂ですか??

では、サービスの実態に焦点を当てるとします!

「投稿取り消しボタン」…グッジョブ!
「Bookmark Collections」…!
特に言いたいことなし!

Twitterが買収したScrollの広告非表示サービス」…ザ・令和!

広告が主な収入源となっている事業主(多分私含む)にとっては由々しき事態かも?!

ユーザーにとっては広告を非表示にすることでツイートが読みやすくなるというメリット、
広告主には非表示への対価、

なるほど!

Win-Winっぽい!

『Brave』(ブラウザ)とか、『Ad Blocker』(Chromeの拡張機能)とか、
『You Tube Premium』とか、ゲームアプリが課金したら広告ゼロになったりとか、既に広告を非表示にする取り組みは盛んに行われているもんね(^-^)

時代の流れか(;’∀’)

ただ…

ちょい困るんよ~(;’∀’)

数少ない、広告があまり気にならない勢なんよ~。

人生ってさ、趣味・遊びを増やしてかないと退屈じゃないですか??

ほっといても友人・知人から「オススメ」と称して押し付けっぽいこと言われて、
その数多の「押し付けっぽいこと」から取捨選択してアイデンティティを確立していったりするわけよ~ ?

私みたいなもんは結局、一方で『Twitter Blue』を使いながら別端末で表示されている広告を見て遊んでしまいそうな気がする。

それって、Twitter社さんとしては困らないか。

Win-Winだな(^-^)

とにかくなんでも試してみるものだから行く末を見守ってみよう(^-^)

2021.5.28 追記

Twitterのサブスク「Twitter Blue」は月額350円と判明 -IT Media NEWS

日本円で350円だそうです(^-^)

リリースが待ち遠しいですね。

どれくらい有料にどれくらいユーザーが集まるか。
私は初動で判断しようかな 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です