ROLAND様の脱毛サロン、リアルタイム体験記 in Okinawa ★No.1.5彡【転載】

ROLAND様の脱毛サロン、リアルタイム体験記 in Okinawa ★No.1.5彡【転載】

(この記事は、2020/11/04 16:51に、『note』で公開させていただいたものです。
noteで公開されている分は、いずれ、有料化か削除を行う予定です。
リンクも載せておきますので、表示されて全文読めたら有料化も削除もされていないということです(^-^) )


(タイトルを少しずつ変えていこうと思います。もう少し短くビシッと。)

先にこのような記事を書くことになったことを真摯に謝罪いたしますm(._.)m

本来は本日、1度目のツルツル体験を皆様にご提供差し上げる予定でした。

本記事は二度とこのようなことで皆様をがっかりさせないように、また30を超えたオッサンが今さら初めて知る社会の仕組み?について記させていただきます。

時は2020年10月21日。
私は「Roland Beauty Lounge 那覇店」に足を運びました。

過去記事、是非読んでいただきたいです(^-^)

その時にはもう「通う!」って決めてたんですね。

それから約2週間。
規則として契約から2週間は施術をしないようにしてるとか。
しっかりされてますね。
それなりの費用がかかるものなので、人の心変わりはトラブルの元でございやす。
冷静に考える時間を与えてくれました。

この2週間は消費者にとって…というかお金持たざる者にとってホント重要で、

金策に走る期間となるわけです

充分に与えられた時間です。

が、わりとのんびり構えてました。

(躊躇いも少しはあったんですけどね)
家族にTELしてみました。
具体的に誰とは言いませんが、◯が最初で次に●に計2人に連絡を取りました。

まず、◯へ、
「お金に余裕あるかな、あれば貸してほしい、脱毛でもしようと思って」
(ストレートなのか回りくどいのかよくわからない言い方)

◯は
「いいけど、貸せる金ないかも、分かんないから●に聞いてみたら?」
(わりとお金に無頓着)

私の心の声
「多分ないだろうな、でも●にも念のため聞いてみよう」

(◯と●は同じお財布の中身を分けて使っていると考えると分かりやすいかも)

続いて●へ
「(何に使うかは言わず)お金余裕あるかな?」

●から
「ないよ。というか、あっても簡単には貸せないな。
だって、前貸したやつ返ってきてないのにまた貸すってことは、もう前のやつ返ってこないってことじゃん?!

…ここに●の人間として優しい部分がチラリ。

普通「早く金返せバカ野郎!」くらい言っておかしくないし言う権利あるのになぜ言わないのだろうか、不思議だ。

私は我に返り、新しく借りることは諦め、少しずつ借りている分を返すことを決意しました。
がそれは本編から逸れるのでこれ以上は割愛します。

家族2人に訊いた時点で、身近な知り合いなどから借りることは諦めました。
というか脱毛自体諦めかけました。
やはり薄給の私には遠い夢だったか…

一旦、今家族より身近な信頼のおける人に相談してみました。
(まず、普通のオッサンが脱毛することを相談できる時点でなかなかの信頼感です)

すると、わりと私の腹の内と意見は一緒で、
「思い立ったら即行動」を勧められました。

人って相談する時点で自分の中で答は決まってるなんて言われてますが、私が思っていることに合わせてくれているのかもしれません。(どうなろうと大して興味がないだけかもしれません。)

「諦めない」と決めた私は、
いたって普通に、公的期間の分割払いを利用することを決めました。
クレジットカードの分割払いについて調べ、利用限度額について調べ、限度額が足りてないと気付いたらカード会社に電話し、1つのカード会社に利用を断られたら別のもの…と、

これを施術当日までにしっかり行って、支払いにベストな方法を見つけ出してから当日を迎えていれば、

剃毛までして店舗に行って施術を延期という結果にならずに済んだのですね (T . T)

ブレイクタイムに、キレイになる前のビフォー写真として載せる予定だった左手をどうぞ。

アフターはいつになるのやら。

脱毛は初めてではないものの、初めての機器での施術にそれなりにワクテカしていた私は

店に入って5分ほどで「ガビーン」となります。

スタッフ〜「支払い方法まだ決めてませんでしたがどうしますか?」

私「さっき銀行でお金下ろしてきたんですよ!全額じゃないけど16万あります!残りをクレジットカードかエステローンで!」

(66万-16万=50万と謎のキリがいい数字残し)

スタッフ〜「クレジットカードをお預かりします」

私「多分このクレカで全額ムリだと思うんですけど試していただけますか」

(数分後)

スタッフ〜「すみません、利用限度額が30万円までのようです」

私「(だよね)どうすればいいですか?!」

スタッフ〜「30万円はクレカで落とせるので、残り20万円はエステローンというのはどうですか?」

私「ではそれでお願いします!」

スタッフ〜「今から審査となり、審査が通るまでは施術をすることは出来ませんのでご了承ください」

私「ガビーン」(口には出してません)

(ローンの手続きで私の元を離れるスタッフ)

(その間に銀行の預金残高を確認する私)

(戻ってきたスタッフ)

私「すみません、日を改めるとまた剃って準備するの面倒で、あと15万円なら現金で用意できるので、なんとか施術してもらえませんか?!」

スタッフ〜「確認してみますね」

(数分後)

スタッフ〜「申し訳ございません、やはりムリのようです。審査が早く終わる可能性があり、例えば本日夜や明日などで施術出来るかもしれませんよ(^-^)」

私「祈る」(口に出してません)

…実際はもう少し詳細な確認をさせていただいたりでお時間をいただきましたし、スタッフさんが明るめな方ということもあり会話のテンションは高めでしたが、だいたい以上のような理由で脱毛待機中なうです。

…本当に面倒なんです、脱毛前の剃毛。

ところで、おそらくカウンセリングのために初来店の方と私を対応してくださっているスタッフとは別のスタッフ(♀)の会話のテンションがハイ過ぎて、ハヤリのミュージックがガンガンかかっているバーにでも居るかのような気分になりました 笑

初めて行った時には女性店員さんいらっしゃらなかったので、男性専用サロンだからスタッフも敢えて男性のみで揃えているのかと思っていたのですが違うようです。

男性専用サロンには多分女性はいたほうがいいですね。
お客様こと私の気分がかなりリラックスできるので。

私を対応してくださっているスタッフは、暗い私に合わせてある程度テンションを抑えてくれているのかもと思ったり 笑

部屋は別ですが、どうしても聞こえてきた客♂×スタッフ♀の毛にまつわるやり取りに、
「令和っていい時代だなぁ」
と思いながら店を後にするのでした。ちゃんちゃん。

あ、帰り間際、

撮らせていただきました。

注目はサイン?のようなもの。

鳥の絵に「芸術性を感じますか?!」と
スタッフに問われたのですが、
「うーん、上のやつと対比していい感じじゃないですかね」みたいな
巧くも面白くもない返ししか出来ずそそくさとエレベーターに乗り込み帰ってしまいましたとさ。

というわけで、次回は今夜か明日か1週間先か、バイバイヽ(;▽;)

〜〜〜〜〜

誰かと自分に役に立つかもしれないまとめ

・クレカ分割払いは、エステサロンでの利用には適用されない場合がある

・利用限度額引き上げは、エステサロンなど緊急でない用件で申請すると丁重にお断りされる

・エステローンは、一括現金払いやクレカを持ってない・利用できない私のような人の救済策として存在するが、銀行やクレカより利息が高めに設定されている(スタッフさん談)

・既に持っている銀行の口座やクレジットカードと違って、エステローンについては新しく申請したため審査結果を待つ必要があるよ!
脱毛サロン新規の(お金ない)方、気をつけて!

・人間、信用が大事。先に脱毛だけして逃亡はしないと心と毛に誓おう

p.s.
2枚になったオシャレ封筒 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です