【0円記事】「年上を敬え」だって危険思想

【0円記事】「年上を敬え」だって危険思想

(本記事は2020/06/19 23:13に私がnote上で公開した記事を、ほぼ、そっくりそのまま転載したものです。)

【0円記事】「年上を敬え」だって危険思想

あなたは「老害」という言葉が好きですか?

私は辛辣な言葉が飛び交う現場とは距離を置いてしまうほうなのですが、他人事とは割り切れないほど巷に溢れているこの負の感情から逃げられない年齢になったので、上手に躱して生き続けるためのヒントを模索したいと思います。

小学校高学年の頃、可愛くてクラスメイトから大人気の女子にストレートに「かわいい」と伝える男子に違和感を持っていました。
また、好きなTVタレントを母親に問われても、照れの気持ちが大き過ぎて、容姿端麗な女性の名前は挙げ辛かったです。

…ここで「差別化」を意識して入れ込んだワードにも注目していただきたい。
「可愛くて」「かわいい」…言わずと知れた褒め言葉で、反対語もすぐ頭に浮かびやすい。「容姿端麗」も近い属性を持つ。
「女子」「男子」「母親」「女性」…性別はニュースで事件の容疑者の特徴を表す時に、具体性を肉付けするために多用される。そして、なぜか「女」が犯人の場合に残虐性が増すように感じる人は多い。私の昔語りは女性を多く登場させるように意識してはいるが、世の男性にとっては(きっと女性にも)良くも悪くも「女」という属性は持っているだけで、女ではないものより他人の興味を引いていると捉えられる。

さて、「差別化」とまどろっこしい表現を使ってしまったが、「差別」のニュアンスが受け手にとって感じられないものであったならば幸いである。
もちろん、他愛無い話題かつ差別に直結する単語は使わないよう注意を払いはしたが、誰も傷付けない言葉などないと世間で言われているように、受け手の感性が多種多様である以上、誰にも刺激を与えなかったかと問われれば自信はない。

また、「差別」と「区別」を区別しようと試みる事は今回はやめておくとする。日本語はとてもむづかしい。

私が常々感じているのは、「かわいい」が存在する世界には「かわいくない」が有るのが至って普通という事だ。
これを人に当てはめて「かわいい人」が存在する世界に「かわいくない人」が居るとするのとは違う。かわいい人ではない人は「カッコいい人」だったり「強い人」や「強そうな人」、「明るそうな人」だったりする。人となりを一発で表現出来る1番分かりやすい特性を探そうとすれば、誹謗中傷と捉えられかねない言葉を選ばずに済む可能性が増す。
個人の「かわいい」や「かわいくない」という感性を変えるのはなかなか難しいのに対し、「かわいくない人」と感じた人にそのままの思いを伝えるのを避けるのは、相手の反応を想像すれば比較的簡単だ。ブレーキがかかるという人が多い。

遠回りしたが本題に移ろう。

「かわいい」と誰か1人に向けた瞬間に、その他大勢を比較対象として見てしまうような習性が人間にはある。
「若い」だってそうだ。もれなく「肌ツヤが良い」や「未熟」というイメージを伴うが、いずれにせよ逆のプラスやマイナスの側面を持つ人を想像する事は容易である。
耳障りのいい褒め言葉だけ覚えられればいいが、そうもいかない。

「老害」という単語には、老=害と勘違いさせる程の強い力がある。
傷付ける人がいればそれから守ろうとしてくれる優しい人もいる。「尊敬」だって老人に向けられる事の多い言葉だろう。

例えば今、あなたに大切な祖父母がいて、その人達だけを贔屓目に見たり、「自分のように年上を敬え」だなんて友達を諭したりするのは非常に危険だ。
あなたが見えていない方向から飛んでくるのは、「年齢に関係なく全てに敬意を持って接しろ」「自分が全て正しいと思うな」なんて言葉だろう。

少なくとも私は「老害」なんて気軽に発言出来ない。それと同時に、敬意だって表現する事が難しくなった。何気ない年齢による区別が「老害軍」と「若造軍」なんて滑稽な分断を生まない事を切に願う。

p.s.

言い切り型の文章がとても苦手でして…
こんなに辛くなるなら次からやめられたらな。。

(↑今気になっている本の販売ページへのリンクです。よろしければワンクリックだけでも 笑)

2021.04.08 追記(Addendum)

英語の訳文があったほうが国を越えてより多くの人に見てもらえる可能性があるかもしれないので、信頼のおける「Google翻訳」さんで訳した本文も載せておきます(^-^)

訳を変に感じる部分もあるかもしれませんが、それも含めてお楽しみください(^-^)

 

↓(これもGoogle翻訳さんで)

If there is an English translation, it may be possible for more people to see it across countries, so I will also post the text translated by the reliable “Google Translate”(^-^)
There may be some strange translations, but please enjoy including them (^-^)


[0 yen article] "Respect for older people" is a dangerous idea
(This article is a reprint of the article I published on note on 2020/06/19 23:13, almost exactly as it is.)
[0 yen article] "Respect for older people" is a dangerous idea

Do you like the word “gerontocracy”?

I tend to stay away from the scene where harsh words fly, but I’m old enough to escape from this negative emotion that is indivisible with other people’s affairs, so I hesitate well. I would like to find hints for staying alive.

When I was in the upper grades of elementary school, I felt uncomfortable with a boy who was cute and told his classmates that he was “cute” straight to the popular girls.
Also, when my mother asked me about my favorite TV personality, I was too shy to name a beautiful woman.

… Here, please pay attention to the words that are conscious of “differentiation”.
“Cute” “Cute” … It’s a well-known compliment, and the opposite word is easy to come to mind. “Appearance” also has similar attributes.
“Women,” “boys,” “mothers,” “women,” … Gender is often used to flesh out specificity when characterizing a suspect in a case in the news. And, for some reason, many people feel that cruelty increases when the “woman” is the criminal. My old tales are conscious of making more women appear, but for men in the world (probably also for women), for better or worse, they only have the attribute of “woman”, rather than those who are not women. It is perceived as attracting the interest of others.

By the way, I have used the confusing expression “discrimination”, but I would be happy if the nuances of “discrimination” were not felt by the recipient.
Of course, I was careful not to use words that are lonely topics and that are directly related to discrimination, but as people say that there are no words that do not hurt anyone, as long as the sensibilities of the recipients are diverse, no one I’m not confident when asked if I didn’t stimulate him.

Also, I will stop trying to distinguish between “discrimination” and “discrimination” this time. Japanese is very difficult.

What I always feel is that in a world where “cute” exists, it is quite normal for “not cute” to exist.
This is different from applying this to people and assuming that there are “not cute people” in the world where “cute people” exist. People who are not cute are “cool people”, “strong people”, “strong people”, and “bright people”. If you try to find the most understandable characteristic that can express your personality in one shot, you will be more likely to avoid choosing words that can be regarded as slanderous.
While it is difficult to change an individual’s sensibilities of “cute” and “not cute”, avoiding telling the person who feels “not cute” as it is is to imagine the reaction of the other person. It’s relatively easy. Many people say that the brakes are applied.

I made a detour, but let’s move on to the main subject.

Humans have a habit of looking at a large number of other people as comparisons at the moment when they say “cute” to one person.
Even “young”. All of them have the image of “good skin gloss” and “immature”, but in any case, it is easy to imagine a person who has the opposite positive and negative aspects.
You only have to remember the jarring compliments, but that’s not the case.

The word “gerontocracy” has such a strong power that it can be mistaken for old age = harm.
If there are people who hurt, there are also gentle people who try to protect them. “Respect” is a word that is often directed to old people.

For example, now that you have important grandparents, it’s very dangerous to look down on them alone or to remind your friends to “respect older people like you.”
The words that fly from the direction you can’t see are “treat with respect for everything, regardless of age” and “don’t think you’re all right”.

At least I can’t feel free to say “gerontocracy.” At the same time, it became difficult to express respect. I sincerely hope that the casual age-based distinction does not create a humorous division between the “gerontocracy” and the “young army.”

p.s.

I’m not very good at word-of-mouth sentences …
If it gets so hot, I wish I could stop next time. ..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です