ローランドさんプロデュースの脱毛サロンに通って早くも9回目にして決意したこと。【転載】

ローランドさんプロデュースの脱毛サロンに通って早くも9回目にして決意したこと。【転載】

(この記事は、2021/03/12 12:11に、『note』で公開させていただいたものです。
noteで公開されている分は、いずれ、有料化か削除を行う予定です。
リンクも載せておきますので、表示されて全文読めたら有料化も削除もされていないということです(^-^) )

_____

9回って感覚的に早くなさそうじゃないですか?!

3ヶ月って聞くとどうですか?!

脱毛業界(と呼ぶかは不明)は進化が目覚ましくて、
機器の性能の問題もあり、
通うペースを3ヶ月も待たなければいけなかった時代(今でもあるとは思います)から、
2週間空けるだけでOKだったり流行し過ぎてどこのサロンも値下げ合戦になったりとうとうセルフ式になったり…

今は革命期とも呼べる時期なのかと勝手に思っているので、
それを実感というか少しでも参加出来ている気分にさせてありがとうというか脱線。

3ヶ月で9回は昔と比べると早いのかな。

個人差もあるしサロンの事情もあるだろうし?
そもそもそれで全然毛が脱げてくれないなら意味のないことなんだけど、

毛、脱げてます

重要なのは、
・平々凡々な私でも気軽に脱毛サロンに通っていることのアピール
・平々凡々な私が脱毛後の自分を活かすには、人前に出て美をアピールするような方法でなくても、いくつか見つかっていること
・脱毛したいのに様々な事情で諦めている人を、諦めない方向に持っていくこと

などなどかな。

目次

  1. 平凡な私が脱毛サロン通いアピール
  2. 平凡な私は貪欲に「美意識」をアピールする
  3. 脱毛したいのに様々な事情で諦めている人を、諦めない方向に持っていく**
  4. ところで
平凡な私が脱毛サロン通いアピール

これは私が典型的B型気質で「奇をてらいたい」という事実は置いておいたとしても、
いや、奇をてらえてない時代になっているのだけど、
「言っといて誰にも損はない」のかなと。

まず、男性(専用もしくは性別問わずな)脱毛サロンが増えてきているのは、
需要が供給されているだけ
事業家ってなんだかんだ、やろうとする事業が儲かるか=需要があるかって考えますよね。(必ずとは言いがたいですが)
長年、男性が毎朝ヒゲの処理を面倒に思っていたこと、ヒゲだけではなく他もなくていい人が一定数いる事実を見逃さなかったら、
しっかり稼げるくらいお客さんがいたってことですよね。いなかったものが増えたのかもしれませんし。
(毛=男らしさの象徴という謎のイメージが消えたのかな⁇そもそも外見に「らしさ」を求めたり、「◯◯らしさ」という分類が意味を持たなくなった時代なのかも)

今はまだ単純に人々に毛がある
毛という不満が人類の体から全て抜け落ちてしまうその時までサロンは街に残り続けるであろう。
(不満な毛が生えている人に焦点を当てた話です)
(ツルツルな人が増えるほどサロンは減るだろうなぁというお話)

平凡な私が行きたくなって実際に行っているほど脱毛サロンに行くことは珍しくなくなってきていて、
足の踏み入れにくさがなくなっているよ〜ってアピールなんです。
脱毛する人増えそうじゃないですか??

平凡な私は貪欲に「美意識」をアピールする

自分を鏡で見た時に、「世界で最も美しい100人」に選ばれるような普遍的な美しさなど見つかってないのですが、
また、自分の外見に強く「美」を求めていないのですが、
「美意識」については、アピールすることで人生を好転できる可能性があると信じています。

というのも、どう見ても私、「美しい」という言葉が似合わない見た目。
その見た目のまま「部屋も汚いんです」なんて言っても「でしょうね」「納得」のオンパレード。
…意外性がないんですよね。
「ギャップ萌え」という非常にポジティブ思考な言葉があるじゃないですか?!
「キモかわいい」とかも近いかな?!
(相反するように感じ取れる2つの単語を組み合わせるやーつー)
「なんで脱毛しているのに美しくなれてないんですか?!」くらいの質問はされたほうがお酒が美味しく飲めそう。
…そんな感じです 笑

脱毛したいのに様々な事情で諦めている人を、諦めない方向に持っていく**

諦めている人がもしいるなら、その理由は大きく分けて2つあると思っていて(オレ調べ

「周りの人々からのイメージ」と「お金」。

前述のように(理解されるとも思ってはおりませんが)、周りの人々からのイメージはむしろ逆手に取ろうと意気込んだほうがモチベーションが上がるし、
(そもそも毛があるかないか”だけ”が人生を左右するものではない。きっともっと重要な何かがある。価値観とか。)
お金に関しては…使ってみないと分からないのはスーパーで買う野菜と実は一緒ですからね。(絶対に美味しいと決まってはいない。食べてみて、食べたやつが美味しかった・不味かったと知る。)
もちろん自分の力だけで脱毛できない場合は、やってもらう代わりにお金を払うのがほぼ100%ですが、
しめじみたいにスーパーで沢山の人が毎日買えるほど安くなるまで待ちますか??
しめじみたいに毎日買って食べたくなりますか??(個人差
ここでもポジティブ・シンキングを発揮できれば精神衛生上とても宜しくて、
「ドーンと使っちゃうし、それ以上に稼げばいいや。「美」をテーマにした講演会でも開けば一瞬でペイだな。」
くらいの心持ちでいいんじゃないかな。

※色々書いてはみたものの、脱毛の人生における優先順位が著しく低い人は該当しません。
「イメージ」や「お金」と「脱毛」を天秤にかけてグラグラしている人は、やってみちゃえばいいんじゃないかな但し自己責任で。という感じにどうしてもなってしまいます。。。m(__)m

ところで

このシリーズって体験記のつもりだったんだけど、自分の価値観についてのアピールが酷いものになってしまったとちょい自省。

2021.03.11。
9回目の施術でした。
施術部位を減らしました。
手の甲・足の甲・ひざ下は、効果がガンガンに出まくっていたので今回はやめておきました。
ギリギリまで悩んではいたのですが、当日(予約の時間に行ってから)伝えても快く対応してもらえました(^-^)
むしろ時間に余裕が出来たから施術部位を念入りにしたと担当スタッフさんは言ってました 笑
ちなみに、最初の内は記事で「痛くない」アピールが強めではありましたが、今は「しっかりと痛みを感じる程度まで照射の出力を上げられる肌になっている」と自己解釈しております。←説明難しいんですよね。痛みには個人差あるし毎回同じじゃないし、言うことでサロンに悪影響があっても困るし。
久しぶりに担当していただいたスタッフ(♂)とたわいない会話をしながらの約70分くらいでした(だいたいです)。

↑会員カードの裏面。次々回までの予約が取れるので、日時が書きこまれています。
お店の電話番号はなんとなく伏せておきました笑
公式HPからチェックは出来るのですが、まだ申し込み前の人はWeb予約フォームからの問い合わせになるんじゃないかな。

メンズ脱毛 ローランドビューティーラウンジ 公式ホームページ「男に脱毛は不要?いや、無駄毛は暴力だ。」美をとことんまで追求してきたROLANDが作る、究極のメンズ脱毛サロンです。最先roland-bl.jp

※回し者感ハンパないですが、勝手に宣伝していること、特に手数料等いただいてないこと(こんなんで何か貰えると考えるほうが変っちゃあ変)、ローランドさんのことはなんとなく好きであることが書いてある記事がありますので是非読んでください(^-^)↓

(自分の記事の宣伝上手)

施術後、次々回の予約(施術後に2つ先の予約まで取れるシステム)の際に、
中途解約の可能性が高まっていることを軽く触れておきました。

なぜなら、

①全チケットを使い終える前にトゥルトゥル(ツルツル)になれそうだから
②戻ってきたお金を仮想通貨投資にブチ込みたいから

です。

…看過できないですね。笑

以前も記事でお伝えさせていただきましたが、私はチケット制の契約でして、使わなかった分は返せる(返金できる)そうなんです。
消費者に異常に優しいシステムです 笑

脱毛がある程度、自分が満足できるレベルまで進んだら、違うことにお金を使えるからラッキー!ってな具合です。
(お財布がだいぶ軽くなってきているという裏事情については話すとややこしくなるので割愛します)

長期契約制のデメリットまで解消出来ているって凄いシステムだな!
というかローランドさんやり手だな!
(ローランドさんの判断かは知りません)

今日もありがとう、ローランドさん、Rolandさん。

あ、話が右往左往し過ぎたけど、タイトルの「決意」は近々脱毛サロン卒業ってことね!
決定ではないよ!
先のことなんて分からないからね!
毛にでも訊いておくれ!

P.S.
二酸化炭素の代わりに名言を吐き出してしまえる人間になりてえ。

お読みいただきありがとうございました(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です