今さらながら、50万円で元アイドルと個室焼肉に行ける権利について考える。(批判ナシ)

今さらながら、50万円で元アイドルと個室焼肉に行ける権利について考える。(批判ナシ)

タイトル付けって難しいですね。

話題になっている当人にとっては、より話題になってほしい可能性もあるし、
今回は出してはいけないとは思わないのですが、

内容にはあまり惹きつけ要素がないような気がしていて、
ニュースバラエティ番組で取り上げられて数日経過しておりますし…

もうこれ以上の広がりは必要ない気もするのですが、
アイドルプロデュースのための資金集めという目的には心を大きく動かされていますので、

世間的にも大して批判など起きてはいないのですが、

少数の考えられうる批判にバシバシ反論を返していきたいと思います(^-^)

(反論ってほど真逆なことも言えませんが (;’∀’)

目次

1. 『ワイドナショー』でも取り上げられてたよ
2.
あの西野亮廣さんなら…
3.
本題ー
4.
それにしても…

『ワイドナショー』でも取り上げられてたよ

メディアさんの第一報は2021.4.6(火)くらいになるのかな??

PCをピコピコやっている傍らで、『バイキング MORE』の音声から気付いた気がする。

どうしても芸能ニュースって登場人物の知名度に依存するようなとこがあって、
「松本人志さんだったら、たわいないことを発言するだけでもネットニュースを賑わせるけどな~」

「そもそもアイドルの話題ってなぜか世間的に”弱い”よな~、哀しみ」

なんて思いながら見聞きしておりました。

おっと、話を進めるのに名前を出さないと逆に重大事件みたいになってしまうので出します。

元SKEアイドルと「50万円で個室焼肉90分」が、お得に思えてしまう計算式

↑ネットニュースも貼り付けておきます。

SKE48というアイドルグループに所属していた北川綾巴さんという方が、クラウドファンディングを利用して資金集めを行っています。
リターンの中には、50万円で「北川綾巴と個室で焼肉を食べながら語る権利」があるそうです。

(そして、上記のネットニュースには書いてないですが)
この権利を設定したことに「パパ活」ではないか?と世間から批判が集まっているそうです。

…ニュースって、本人発信でない限りは、注意して読まないといけないと思っています。

私は、今回の件に関して、「批判が集まっているっぽい」ことは、
バイキングでタレントさん方が話し合っている内容などを基に、
「批判が起きてそうな気がする」と思いTwitterで彼女の名前を検索してみました。
(バイキングだって、批判のニュアンスを感じる発言をしている出演者はいないように受け取れました)

Twitterで初めて、批判めいた意見を言っている人を見つけたかなというところです。

数としてはそんなに多くないのかな。

話題を知っている人が少ないことと、取り上げるほどの話題でもないと判断した人が多かったからではないかという予測です。

『ワイドナショー』は週一の番組なので、
1週間の出来事のまとめといった感じで、幅広いジャンルからニュースを取り上げていると思います。

シソンヌの長谷川さんも仰られてましたが、「どーでもいい」というのは前提にあるそうです。
その上で自分ならやらないとのこと。
(ここで掻い摘んで取り上げるのは事実の歪曲になりかねないのでここまでとします)

あの西野亮廣さんなら…

↑すみません、お名前を拝借します_(._.)_

クラウドファンディングを有名にした第一人者といえばお笑いコンビ・キングコングの「西野亮廣」さん。

本題に入る前に、彼がTV放送でも言っていた、
「盗まれるように設計する」という考え方に共感していることをお伝えさせてください。

これは、何か宣伝したい商品がある時に、広告費を捻出して「広告」として広めるのではなく、
「盗まれる」という事件の場合、「事件」としてニュースで取り上げられるついでに、商品の名前が視聴者に浸透する可能性を上手に利用するという意味合いだと把握しております。

↑もちろん、「事件」なら被害者と加害者が発生するように仕向けると、傷付く人が現れる心配があるので批判の対象となりやすいので細心の注意を払わないといけません。
西野さんもそこらへんは巧くやると思います。

ここで大事なのは、この柔軟な考え方で、
芸能ニュースなんて正に「事件風な設計」だらけだと感じたり。

北川綾巴さんの件でいえば、結果的に、
これからプロデュースするアイドルグループの知名度が少し上がったとも捉えられるわけです。

狙って炎上商法風なのかどうかという答えは本人たちの頭の中にしかないし、
彼女のファンだって、彼女に批判が集まることは望んでなくても、彼女が行っているクラウドファンディングについて、より多くの人に知ってもらえるきっかけになったことは素直に嬉しいはずです。

…批判が彼女の活動の後押しになる可能性があると思えば、批判的な人は何も言わないことが一番の妨害になるし、応援する側がわざと批判めいたことを言うかもしれない…

って思う私はひねくれてるでしょうかm(__)m

本題ー

なんだかんだで本気の批判が少しでもあるなら彼女がかわいそうだし、
クラウドファンディングへの理解がもっと広まるためにも、

ガシガシと批判を跳ね返していこうっと

まず、「パパ活」と一緒という批判か…

これってパパ活そのものに明確な違法性がないと批判がしにくいな(-_-;)

正直、アイドルとファンの関係ってパパ活する人とパパの関係とそっくりだもんな。

アイドルだけじゃないぞ?!
俳優やYouTuberだってそうだし、会社の上司と部下の関係だって構造的には似ている。

友達同士なら一緒に遊ぶのにお金を払ったり(もらったり)しないってことか?!

思うに、容姿端麗な人なら、それだけでも他者に好意的に思われることは多い。
たまには、何もしていないのにコーヒーを奢ってもらえたりするのだろう。

それとパパ活との違いは、相手側からパパに金銭を要求していることだ。
先に利益を提示して、見返りとして一緒にデートできる時間を与える。(違法な行為には気を付けてね

スーパーマーケットと一緒じゃん\(^o^)/

…そう言うと自分に値段を付けて売って恥ずかしいみたいな意見も出てきますが、

それも一緒じゃん\(^o^)/

スーパーに並んでいる商品だって、モノそのものの値段では売られてないはずです。
作る人が居て、作るのに時間と費用をかけて、スーパーに運ぶのにも時間と費用がかかって、商品棚に並んで買える状態になって、レジ係がスキャンしたりして消費者のものになる。
最終消費者の元に届くまでに人や時間、お金がかかっているから、商品代に価格が上乗せされて販売価格になっている。商品に手間賃を上乗せしているだけ。

50万円個室焼肉権なら、北川綾巴さんという商品と焼肉という商品のセットが売っているだけ。
北川さんが生きていくのに、またファンを作るのに一生懸命に自己投資して、美しくなったり親しみやすくなったりした結果、クラウドファンディング上でリターンとして自分という商品がセットになっている権利を販売してみよう(売れるかどうかはわからないけど)ってだけ。

考え方によっては、自分そのものを商品にするということはとても潔いことだとも思います。

わりとみんなやってますからね(^-^)

特にショービジネスの世界ではそう。

1回目観るのはたまたまだったり不確実な口コミを参考にしたりととにかくお試し感が強いですが、
同じものを2回目以降観るとなったら、作品そのものの完成度だけでなく、製作スタッフへの感謝の気持ちや、人柄や性格を好きになって応援したくなる気持ち、
これを提供する側が考慮していないと利益を取り逃がすかもしれませんよね(;’∀’)

だから客前に出るかどうかは関係なく皆、お客さんに好かれるよう努める。

それで好かれまくって人気が爆発してしまったら、
自分の顔入りTシャツとか作っちゃってもおかしくはない。
自分で言い出さなくても周りが売れると思ったら「作ろう」って言いだしますよ。
それにノるだけ。

アイドルとか元アイドルとか芸人とか役者とか一般人とか肩書きはあまり関係ない。

売るかどうかの決定権を持っている人に「売るな」っていうのはね、なんかね、
…せめて売れなかったときにバカにしてほしいよね。

みんながみんな同じ行為に恥ずかしく思うわけじゃないからね。

アイドルって「恥ずかしいことを平気で出来る人」じゃなくて
「多くの人が恥ずかしいと思うことをそう感じない人」に適性がある気がするんで、
北川さんはそのままでいいと思うんですよ(^-^)

それにしても…

「50万円」が批判の原因になったのかな??

北川さんと個室で焼肉を食べるだけに50万をかけられない??

これ、全然ペイできる可能性あるけどな(^-^)

権利を買えなかったファンを集めて、体験した内容を事細かに話すだけでも60万円くらい儲けられそうだぞ??

(私は50万円をそもそも持っていないので対象外ですが)
5億持っているファンがいたら即決してそうだしな。

お金に対する価値観が人によって違い過ぎるからこんなに議論の渦を生むのかな??

お金って怖いな 笑

お金を苦労して稼いでる人ほど「焼肉に50万はうんぬん…」ってなるかもだけど、
楽しく稼いでパーッと使うことが信条の人も居て、「50万か、まあすぐ稼げるしな、応援してるし使っちゃお」っていう人が居るのも忘れちゃいけない気がするな(^-^)

クラウドファンディングってやっぱり芸能人とかととても相性が良くて、
それってやっぱり応援しやすさがあって、
応援しやすさって、彼ら芸能人が応援しやすい環境を作ってくれているからであって…

クラウドファンディングとは – CAMPFIRE (キャンプファイア)

別に持っていない人から搾取をしているわけでもないし…

株が普及する時も同じような反発があったのかな??

今や株式会社って山のようにあるけど、

それって赤の他人に支えられている企業が沢山あって社会が成立していることの表れなんだけど、

まだ批判され続けるのかな。。。

「お金がない」なんて理由であっさりやりたいことを諦められる人よりは、
北川さんがやっていることはステキなことです。
あとは支援者も自分もプロデュースするアイドルも楽しければオールOK\(^o^)/

しまった!
『「お金がない」なんて理由であっさりやりたいことを諦めた人』を捏造してしまった。
反省。

1件のコメント

  1. ピンバック: 南の島のカフェあたりでお金の話を赤裸々にしようⓂ | おきなわとっぷぶろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です